ハノイのおやつ色々食べ歩き

今日は、久しぶりにハノイに住んでいる日本人の友だちに会いました。

一緒にいた時間は2時間にも満たないけれど、その間に、おやつを3種類も食べてしまいましたよ!

ちょっとご紹介いたします。

1つ目のおやつ:ヨーグルトコーヒー

まず、一つ目に食べたのは、ヨーグルトコーヒー。

ここは、NHKの「2度目のハノイ」という番組で紹介されていたお店。

ずっと行きたい、行きたいと思っていたのですよね。

お店情報

名前:Cafe Son

住所:78Hang Non

【グーグルマップ】

お店の雰囲気はこんな感じで、いたってローカル。

でもね、なんと・・・!!!

日本語の張り紙がされていました。

私たちが、店に行ったら、店のおばさんがこの張り紙を指差して、「これか」と向こうから聞いてきてくれました。思わず、「ヴァン ヴァン」と元気にお返事。

ヴァン は、北部ベトナム語で「はい」の意味です。

余談ですが、わたしはいまだに、ベトナム語を話すのが恥ずかしいんですよね…。

だって、変な発音がいっぱいあるんだもの。

ヴァンもなんか、変な感じ。

自分がヴァンということ自体に馴染めない。

だから、実は、ずっとヴァンって言えないでいました。

そこで、南部の人がよく使う「ヤー」、こちらも「はい」の意味なので、ひたすらヤーを多様!

「ヤー」は英語みたいだから、あんまり違和感なく言うことができるのです。

でも、最近はさすがに、ふとした瞬間に「ヴァン」と出てくるようになりました。

というわけで、今回も張り紙を見て、「ヴァン ヴァン!」と。

さて、余談が長くなりましたが、肝心のお味です。

凍らせたヨーグルトをカットしたものと、練乳入りコーヒーというわけですが・・・

うん、ウマイ!!

甘さとサッパリ感が絶妙なバランスです。

今まで飲んだことがあるヨーグルトコーヒーは凍らせたタイプではなく、ドロッとしたヨーグルトとコーヒーの組み合わせでしたが、この凍らせたヨーグルト、かなりイケます。

DEO、ゼオ(ベトナム語はDをザーと読みます。)というのがついていると、この凍らせてカットしたヨーグルトを意味しているんですね。

あ、そしてお値段もス・テ・キ。

安いっていう方の意味で、ス・テ・キ♪♪

なんと、2万5千ドンです。

日本語の表示までしてあるから、もしかして、けっこう高いのかな?、と不安になりましたが、そんなことはあらず。

ぜひ、また行きたいお値段です。

2万5千ドンは125円くらいですよ。

2つ目のおやつ:乾燥コメのお菓子

2つ目に食べたのが、こちら。

干した米とでも言えばいいんでしょうか。

ベトナム語の名前は、コム。でも、よく街の看板で目にする、普通のご飯の意味のコムじゃなくて・・・

ウィキペディアで確認してくださいな。

↑これです。

これ、一口目はかなり地味な味なんですけれど、粒々の干しイモみたいで、食べているうちにはまっていく味なんですよ。

どこで食べたかというと・・・

天秤棒を担いだおばちゃんが、ヨーグルトコーヒーを食べていたカフェの前に売りに来たので、カフェで買ってその場で食べました。

ハノイでは、天秤棒に稲をくっつけて売り歩いているおばちゃんを見つけたらコム屋さんですよ。

ちなみに、このコム屋さんは、100グラム2万ドンでした。

100グラム100円です。ちょっと高い??

3つ目のおやつ:ベトナムと言ったらやはりチェー!ハスの実のチェー

そして、最後に食べたのはハスの実のチェーです。

お店情報

名前:Che Bon Mua

住所:4 Hang Can

【グーグルマップ】

こちらの、いつもベトナム人でにぎわっていますが、時々、日本人や外国人も食べにくるようなお店。

ハスの実がほくほくしていて、シロップの甘さがほどよく、私は気に入っています。

値段はヨーグルトコーヒーより、さらに安く1万5千ドン。

約75円って激安ですよね。

合計5万ドン(約250円)で大満足♪♪

・ヨーグルトコーヒー・・・2万5千ドン(約125円)

・コム・・・2万ドン(約100円)二人で分けたので、一人当たりは約50円。

・ハスの実チェー・・・1万5千ドン(約75円)

合計:5万ドン(約250円)/一人当たり

合計、250円で、おやつ3種類を食べてしまいました。

ベトナムはチープでおいしい甘いものがたくさんあるのが、本当にありがたいです♪♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする