Hanoi 1日で満喫わくわくプラン~午前中編~

JPEG ダウンロードはこちらをクリック

PDF ダウンロードはこちらをクリック

こんにちは。ハノイ在住のアラサー女子ざわわです。時間のない人、必見!1日でハノイを満喫するプランを考えてみました。まずは午前中編からいってみましょう。

グーグルMAPで、道順もつくりましたのでチェックしてみてくださいね。

【グーグルMAP】

ホアンキエム湖をぐるっと1週

まずは、ホアンキエム湖をぐるっと一回り。

ハノイにはたくさんの湖があるのですが、ホアンキエム湖はハノイを代表する湖です。

湖の周りを歩くと、地元の人も、観光客も思い思いの過ごし方をしています。運動をしている人、家族で楽しく過ごしている人、いろんな人がいますよ。

そして、湖を歩くときはベトナムコーヒーを片手に歩くのもオススメ。

サークルKでは、8000ドン(約40円)でコーヒーを買うことができます。

ハノイの有名アイスクリーム「チャン・ティエン・アイスクリーム」へ

湖を1周したら、次は1958年から続くハノイで有名なアイスクリーム屋さんに。

ハノイのマークが並ぶ、チャン・ティエン通りを歩いていきましょう。

「Trang Tien」と書いて、チャン・ティエンと読みます。知らないと、トラングって読んでしまいそうですよね。

お店の中に入ると、アイスクリームの種類ごとに販売コーナーが分かれていて、色々な種類のアイスクリームを食べることができます。

種類がありすぎて、私はまだまだ、試しきれてないのですが、今のところお気に入りは、ソフトクリームのチョコレート味。(1万ドン、約50円)ソフトクリームのコーナーはお店の一番奥ですよ。

アイスはどれも小さめなので、2個くらい味見をしてみるのもいいかもしれません。

サクッとしていて、ほんのり甘いコーンも美味しいですよ!

住所:35 Trang Tien

オペラハウスの写真を撮る

チャン・ティエン・アイスクリームのあるチャン・ティエン通りをまっすぐ歩いていくと、オペラハウスが正面に見えてきます。

ベトナムってフランス風の建物がたくさんあるのがいいですよね。

私も女子の端くれとして心ときめきます。フランスの植民地だった過去は、暗い過去なのかもしれませんが、フランスが残していった文化があるからこそ、今のベトナム文化がとても魅力的に感じます。

鮮やかな黄色がとてもキュートですね。

「フォー・ティン」で絶品フォー

お次は朝食です。フォーの名店、フォー・ティンに行きましょう。ここのフォーはローカルの人々はもちろん、日本人にもかなり人気です。

実は、この1日観光プランを作るにあたって、【朝食に「フォー・ティン」の牛肉フォーを食べる】、これを中心に考えました。

フォー・ティンは、中心部からちょっと歩くのですよね。だから、旧市街のフォー屋というのも検討したのですが…

やっぱりフォー・ティンのフォーは絶品なので、やはりここのフォーを食べてもらいたい!!

スープが濃厚で、たっぷりと入ったネギの香りがたまりません。ラーメンのように存在感があるのに、ラーメンよりあっさり食べられる。ああ、想像しただけで、また食べたくなってきてしまいました。

フォーは1杯5万ドンの牛肉フォー1種類しかありません。前払いですよ。

住所:13 Lo Duc

ホム市場でローカル体験

絶品フォーでお腹をみたしたら、ホム市場に行ってみます。

ホム市場は布市場として有名な市場。布を買わずとも、壁のように積み上げられた布を見るだけでもおもしろいです。2階フロア全てが布市場になっていますよ。

そして、1階には生鮮食品も。東南アジア旅行をするとき、市場を見るのを楽しみにしている人も少なくないのでしょうか。

立派なカニさんもたくさんいました。

ホアロー収容所で歴史を学ぶ

市場から少し歩くと、ホアロー収容所に到着です。

フランス植民地時代に建てれたそうです。経済発展が著しいベトナムですが、植民地時代や戦争も経験している国。旅の中で歴史に触れてみるのもよいかもしれません。

当時の様子を再現した人形があるのですが、これがかなりリアル。植民地時代といがう苦難の時代を生きていたベトナム人が確かにいるのだなぁ、というのを感じさせてくれます。

入場料は3万ドン(約150円)。なかなか重たい展示ですが、興味のある人は訪れてみてくださいな。

住所:1 Hoa Lo

移動中の街並みも楽しむ

この観光プラン、けっこう歩くのですが、歩くときはハノイの街並みを楽しむことを忘れないでくださいね。

上の写真、バイクはいろんなものを乗せて走っているので、要注目です。

お花を売る人が多いのもハノイの特徴。自転車にいっぱい積まれているのは蓮の花。素敵ですね。

果物売りのおばさんから、果物を買ってみるのもいいですよ。私はランブータンを買いました。

カメラ片手に、ベトナムらしい風景を探してください。

線路歩きはハノイ街歩きのポイント

ベトナムらしい風景といったら、線路の上を歩くのもオススメです。

線路で、人々が普通に生活しています。

ちょっと洒落た雑貨屋まであるのが、ベトナム流です。

旧市街をぶらぶら北上

線路を少し歩いたら、今度は旧市街へ向かいます。旧市街は、古い町並みが残されているエリアです。昼食を目指して、どんどん北上していきましょう。

北上する間に立ち寄れる、おすすめスポットをいくつかご紹介しますよ。

あれを買うならハンザ市場へ

古い街並み…というわけではないのですが、この建物の地下にハンザ市場があります。ハンザ市場は、ハノイで有名な「あるもの」の品揃えがとてもいいので、「あるもの」を買いたい人は絶対に訪れるべき場所です。

入口は建物の裏側、駐輪場からです。

さて、その「あるもの」とは・・・

バッチャン焼きです!

バッチャン焼きとは、ベトナム伝統の焼き物。日本では、ベトナム料理屋さんなどで、見かけることができます。

バッチャン焼きを買いたいと考えている人は、ハンザ市場にぜひ立ち寄ってみてください。

NHKで紹介されたヨーグルトコーヒー

ハンザ市場の近くに、NHKのテレビで紹介されたヨーグルトコーヒーのお店「ソン・カフェ」があります。凍らせたヨーグルトを角切りしたものにコーヒーがかかっています。

意外な組み合わせだけれど、美味しいですよ。

住所:78 Hang Non

日本人経営のお店でホッとする

日本人経営のカフェ&雑貨屋もあります。ベトナム人スタッフさんにも、日本語が通じ、なんだかほっとできる場所。

カフェとして利用するもよし♪

雑貨屋さんとして利用するのもよしです♪♪

住所:24 Hang Vai

「バイン・ミー25」で洗練されたベトナム風バケットサンド

さあ、ようやくお昼ご飯。ベトナムのサンドイッチ、「バインミー」です。

こちらのお店「バインミー25」もNHKで紹介されました。

注文したら、手早くバインミーを作ってくれます。

色々なお肉が入った豪華なバインミーもあるのですが、私はパテのみのシンプルなものがおすすめです。

パテの味が美味しいので、しっかりパテを味わって食べることができます。ほんのり甘いにんじんの千切りが、いい味のアクセントになっていますよ。

外の屋台で買って、こちらで食べることができるのですが、内装がかわいい。

女子はキュンキュンしちゃいますね。

ジュースやコーヒー、ビールも注文することができます。

住所:25 Hang Ca

午前中編のまとめ

いかがでしたでしょうか。「Hanoi 1日で満喫 わくわくプラン~午前中編~」。

ハノイを代表する湖、ホアンキエム湖から始まり、昼食のバインミーまで、充実の内容になっていると思います。観光スポットだけでなく、ハノイの街の空気も感じなから、ハノイ観光を楽しんでみてください。

さあ、次は~午後から編~を書いていこうと思います。お楽しみに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こごろう より:

    はじめまして。
    急に休みが取れたので、前から行きたかったハロン湾に行こう!と思い立って、ガイドブックも買わぬまま空港へ向かっている最中に、mapshanoiさんのページにたどり着きました。

    とても参考になる記事で食い入るように拝見してます!

    これからも更新楽しみにしています。

    • mapshanoi より:

      読んでいただきありがとうございます。ハロン湾、楽しんでくださいね!みなさんのベトナム旅行が楽しくなるような記事が書けるようにしていきたいです。

  2. らぶ・ω・はな より:

    いつも楽しく拝見させて頂いてます❤︎来週ハノイに行くので色々調べていて行き着きました❢❢地図を楽しみにしてプリントして行こうと思っていますが…午後編はあるのでしょうか?お返事頂けたら嬉しいですっ❢❢

    • mapshanoi より:

      すみません、まだ午後までたどり着いていません。午後は旧市街をめぐるのがよいと思います!