台湾旅行記⑥ 2日目:雙連駅近くの朝市「雙連朝市」に行ってみた!

私と同じくハノイに住んでいる日本人のお友だちと、5泊6日の台湾旅行に行ってきました。その記録を残しておこうと思います!!ハノイ情報じゃなくてごめんなさ~い。

最初から読む人はこちら「台湾旅行①」

台湾旅行⑥は、雙連駅近くの朝市の様子です。ベトナムもですが、市場っていいですよね。活気がありましたよ~!

雙連市場の雰囲気

雙連市場は1本道になっていて、両側にお店が並んでいます。

ベトナムにも路上の朝市がありますが、何倍もきれい!!何倍もきれいなのに、朝の活気はベトナムに負けていません。バイクにまたがりながら、市場の中を通過していく光景も、ベトナムと似ていますね~。

お魚も・・・

お野菜も・・・

果物も何でもあります!

あ、なんでもあると言えば・・・

しらすらしきものが売っていました。ベトナムの市場ではあまり見ない気がします。

お寺(?)も途中に

市場を歩いていると、途中にお寺のようなものもありました。市場観光のついでに、お寺観光もできてしまいます。

肉屋に注目してみました

ベトナムの市場歩きでも、肉やは色々な部位が見れておもしろいのですが、台湾もさすがですね!色々な部位が売られています。

じゃじゃじゃーん。

正直、ベトナムで色々なものをすでに見てしまっているのであまり驚かないけれど、たぶん最初にこれを見たら衝撃が大きいはず。

ベトナムでも、ここまで顔がはっきりしているのは、都会ではなかなか見ないような気がしますしね。

でも、私が一番印象的だったのは、こちら。

なるほどね!タオルがぶらさがっているの、わかりますか。お客さんは肉をさわって、肉の質を確かめるのですが、そのあとに手をふくタオルがぶらさがっていたのです!!!

これはナイスアイディア。ベトナムの肉屋さんも、誰か始めればいいのに。

見て楽しむ、買って楽しむ朝市

朝市は基本的に、食料品が多いので見て楽しむことになるのですが、安い洋服屋がいくつかありました。

私たちは300元均一の店で思わず購入。300元って聞くと、なんだか激安っぽいのですが、3~4倍すると・・・

そこまで激安じゃあ、ないんですけどね~。旅行に来ているテンションでついつい。

頑張って探せば、レトロ柄のバッグも売っています。って、これ、なんかベトナムにありそうですが。

雙連朝市の様子はこんな感じです。台湾というと夜市のイメージですが、朝市も行くべきだと思います。台湾の人々の生活をリアルに感じられるし、朝市を歩けば元気をもらえるような気がします。

さあ、お次は、台湾と言ったら!的な食べ物を食べますよ。お楽しみに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする