台湾旅行記⑯ 3日目:台南の宿「YF971」がかなりおススメでした。

私と同じくハノイに住んでいる日本人のお友だちと、5泊6日の台湾旅行に行ってきました。その記録を残しておこうと思います!!ハノイ情報じゃなくてごめんなさ~い。

最初から読む人はこちら「台湾旅行①」

台湾旅行⑯!色々ありましたが、ついに台南に到着。台南に着いた私たちはとりあえず、予約してある宿「YF971」へ。ちょっと変わった名前の宿ですよね。台北の宿、「建山大旅社」も良かったけれど、今度の宿はどんな宿なのでしょう。

建山大旅社の様子が知りたい人はこちらね。

台南の駅からYF971まで

台南駅からスタート

こちら台南駅。こざっぱりとしたレトロ感がいいですよね~。ハノイの街もレトロな建物が多いけれど、何せ小汚い…(私はそれも好きなのですが。)

ファッションビルで「折」の意味について学ぶ

途中、ファッションビルがあったので、ふらふらっと立ち寄ってみることに。

なんだか、おもしろいので撮ってみました。

そうそう、ここのビルに入っているお店の店員さんに、台湾での割引の表記の仕方を教えてもらいました。

あちこちのお店で、「折」という感じが数字とともにたくさん書いてあるので、すぐに「折」は割引に関する言葉なんだなぁ、とわかります。

で、たとえば、「3折」って書いてあるときは、3割引きなのかなぁって思っていたのですが…

「3折」っていうのは、元の値段の30パーセントで買えるってことなんですね!!

へえ…なるほど。

日本語だらけの薬局

薬局にも入ってみました。すると、どうやらここは日本製品を中心に扱う薬局みたい。この写真の棚、すごくないですか。ほとんど日本語ですよ。カタカナやひらがなもけっこう入っていて、台湾の人はこんなに日本語読めるのでしょうか。

台湾のファストファッションNETがいい感じでした

NETというファストファッションのお店があったので入ってみました。台湾であちこちにあるようです。

ここもまた、ふらふら~っと立ち寄ったのですが、なかなかいい感じ。お手頃価格でデザインもいい。

しかし、また今度、どこかのNETに入ろう、と思ったのですが…旅の最中、入る機会に恵まれず…欲しいと思ったら即買うが鉄則ですね。

まあ、こんな感じで、ふらふら宿まで歩いていきました。今って、スマホの地図を見ながら歩けるので、ホントに迷子にならないですよね~。

お、こんな細い道を入っていくのね。

YF971の地図と住所

【Googleマップ】

【住所】

永福路二段97巷

YF971はおしゃれ宿だった

細い路地を入ると、ちょっと周囲に馴染みつつも、おしゃれ感が漂う家が見えてきました。ここに違いありません!

呉さんファミリーの経営する宿

すると、優しそうな男性が登場。続いて女性も。呉(ウー)さんご夫婦です。

彼らは家族でこの宿を経営しているとのこと。宿の使い方や周辺情報を丁寧に説明してくれました。

呉さんは、日本語を独学で勉強しているので、日本語がけっこう話せます。英語と日本語のミックスで説明してくれましたよ。

YF971の外観

YF971、ホント、素敵な宿です。お部屋はもちろん、外観もいい感じ。レトロ感が日本人の心をくすぐりますよね~。

お部屋はとってもキュート

部屋の中は女子が喜ぶインテリアです。お水、お菓子、お茶、色々用意してくれてありました。

畳も落ち着く~。ベトナムのタイルの床はお尻が痛いよ~(笑)

お布団の柄もすてきですね。

そして、私、トイレなどの写真を撮り忘れてしまったようなのですが、トイレやシャワーはちゃんと今風のものがついていて、とても使いやすかったです。

お土産も充実

それから、お土産もいただきました。宿のポストカード。

それから…

台南で有名な味噌煎餅。

私はこの味噌煎餅のことをあまり知りませんが、かなり有名らしい。

と、まあこんな感じの「YF971」というお宿に私たちは1泊することになりました。もし、また台南に泊まるなら、この宿に泊まりたいなぁって本気で思います。

友だちやお母さんとの女子旅なら、絶対に、絶対におすすめ。2泊ぐらいして、台南をゆっくりまわるのが楽しい気がします。

さあ、次からは台南観光ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする