台湾旅行記⑰ 3日目:「義成水菓店」でパパイヤミルク!台南名物だったのね。

私と同じくハノイに住んでいる日本人のお友だちと、5泊6日の台湾旅行に行ってきました。その記録を残しておこうと思います!!ハノイ情報じゃなくてごめんなさ~い。

最初から読む人はこちら「台湾旅行①」

台湾旅行⑰は台南のパパイヤミルクの話です。

ホテルの人にすすめられました!

台南で泊まるお宿「YF971」。建物のつくりがいい感じなだけでなく、オーナーファミリーもいい感じ。

チェックインすると、宿周辺のおすすめ情報を丁寧に教えてくれました。そこですすめられたものの1つがパパイヤミルクです。台湾というと、「マンゴーがおいしい!」というイメージでしたが、台南では「パパイヤミルク」というパパイヤと牛乳のミックスジュースが有名だったんですね~。

ホント、台湾のこと、何にも知りません。

地元の方にも人気「義成水菓店」

ホテルの人にすすめられた場所に行ってみると、そこには2軒の果物屋が。どっちのことだろー。でも、ぱっと見どちらも違いがなさそうなので、私たちは向かって左側の店、「義成水菓店」という店でパパイヤミルクを飲んでみることにしました。

そのとき、お店にいたお客さんは観光客ではなく地元の人。

地元の人がいるお店なら、安心でしょう!

日本語メニューあり、その場で作ってくれます

さすが、台湾。台北だけでなく台南に来ても、日本語メニューがありました。

注文すると、その場でジュースを作ってくれます。ベトナムのシントーみたいですね!

パパイヤミルク登場

そして、こちらが・・・

やばーい。忘れました。旅行に行ったのが約1か月前。

パパイヤミルクと何を頼んだのか忘れました。そして、どっちがパパイヤミルクだ?

おそらく、右側の黄色い方が、マンゴーミルク・・・

私の記憶が正しければ、マンゴーミルクの味は、ベトナムのマンゴースムージー(シントー)より甘かったあと思います。

って、パパイヤの感想じゃないですね。

果物のレベルはベトナムより一段上な気がいたします!

ここでも親切な台湾人に遭遇

実は店の印象は、味よりも人との出会いでした。台湾の人は日本語を話せる人が本当に多いのですが、私たちの向かいに座っていたおじさんも日本語を話すことができました。

車で来ていたようで、「もしよかったら、次に行く場所に送りますよ。」と声をかけてくれました。

私たちはそこまで遠くに行かないつもりだったのでお断りしましたが、台湾人は本当に日本人にフレンドリー!初めての海外旅行におすすめの国ですね~と、台湾のどこに行っても実感してしまいます。

さて、次は林百貨店に行きましたよ!ゆっくりですが、台湾旅行の記事、更新続けていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする