台湾旅行記㉕ 5日目:台湾で温泉⁉北投温泉に行きました

私と同じくハノイに住んでいる日本人のお友だちと、5泊6日の台湾旅行に行ってきました。その記録を残しておこうと思います!!ハノイ情報じゃなくてごめんなさ~い。

★台湾旅行記の一覧はこちら★

というわけなのですが、台湾に行ったのは8月のお話。今はというと、なんと10月18日。

今日はなんと4本目の更新。台湾で温泉に行ったお話、この日でついに観光も最後。だんだん、終わりに近づいてきました。

電車に乗って新北投へ

電車に乗って新北投という駅にやってきました。

台北駅からは、赤色のMRT「淡水信義線」に乗って北投駅まで行き、そこで乗り換え一駅です。

一駅…っていうか、温泉に向かう専用列車って感じ。北投駅と新北投駅間しか走っていない電車です。

そして、なんだこのゆるキャラ?

キャラって言っていいかわかりませんけれど、温泉の妖精みたいなのが駅にたくさんいました。

公園の中を通って

駅を出るとすぐに温泉までの看板がありました。わかりやす~い。

公園の中を通っていきます。

公園の中にはこんなものも。

いてててて。って、意外と痛くありませんでした。健康なのかしら、私。

チケット購入…しかし、入浴時間に注意

公園の中を抜け、さらに上に歩いて行くと温泉が。そして、チケットを購入して~

・・・すぐに入れるわけではありませんでした。

入浴時間が決まっています。途中30分の休憩も。私たちは、少し待ってから温泉に入ることにしました。

そうそう、それから温泉に入るのに水着が必要でした。北投温泉にはたくさんのお風呂があって、私たちが行ったのは公共入浴施設みたいなところ。

旅館の温泉なんかは水着なしでしょうが、格安で温泉を楽しみたい人は水着を忘れてはいけませんね~。

温泉博物館へ

お風呂に入れるまで時間があったので、近くにあった温泉博物館へ行ってみることにしました。

温泉に関する展示が色々~♪

昔のお風呂~♪♪

おお、ご立派なお風呂。日ごろ、シャワーの生活なので温泉に入るのがだんだんと楽しみになってきます。

この日はミニ音楽会もやっていました。

すると、あっという間に入浴時間に…

お風呂は撮影禁止

お風呂の中は撮影禁止…だったと思います。

水着着用ですが。

どうなっているかというと、お風呂はすべて露天風呂。熱いお風呂、ぬるめのお風呂、水に近いお風呂…と数種類の温度が異なるお風呂がありました。1番熱いお風呂は、入れませんでした。っていうか、チャレンジしようともしませんでした。

着替えは一人ずつ入るシャワールームみたいなのがあるので、そこでします。荷物はコインロッカーがありました。

お風呂上がりのお楽しみ

お風呂を出たところにアイスクリーム屋さんが。

これは儲かること間違いなしでしょ。

思わず買ってしまいました。8月だったので、気温も高かったので、美味しいにきまっています。

さらに温泉たまご発見。

なんか、日本にいるみたい。台湾って不思議な場所ですよね~。

地熱谷へ

お風呂から上がった後、私たちは地熱谷へ向かいました。ぼこぼこ温泉が湧いているところです。

駅→公園→博物館→温泉→地熱谷 って感じで順番に並んでいるので、とても観光しやすいです。

おおおお、熱そう!!!!って写真じゃうまく伝わってなーい。

だけど、もう、本当に本当に熱そうって感じだったんですよ。

入ったら火傷でしょ!って感じ。

駅に戻って軽く昼食 初めての牛肉麺

温泉に入り、けっこう歩き、時間もお昼は過ぎて…お腹すいたね、ってことで少し何か食べることにしました。

で、食べたのが牛肉麺。これも気になっていたんですよね。台湾の有名な料理でしょ?

そしてお味はというと、う、う、うまい。

スープがうますぎる。出汁がたまらない。明日は帰るというのに・・・

食べたお店はこのお店。

小さな駅ビルみたいなところに入っていました。

それでは、お腹もいっぱいになったところで、電車に乗って次の行先へ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする