線路を歩こう!地図屋さんがハノイ線路マップ作りました。【線路カフェ・ショップ・ワークショップ・ゲストハウス】

こんにちは、ざわわです。久しく描いていなかった、ハノイ関係の地図!新作は「ハノイ線路歩きMAP」です。

昨年(2017年)、サイトを始めた頃はそこまで意識していなかったのですが、「線路」はハノイの観光スポットのなかでも、かなりおすすめスポットです!

みなさん、ハノイに来たら、線路歩きはマストですよ。線路の上をお散歩しちゃい

ましょう。

PDFダウンロードはこちら

JPEGダウンロードはこちら

Googleマップ

どこから、線路に入ることができるのか、Googleマップにまとめました。適当な場所から、線路に入って、あとはまっすぐ歩くだけ。

線路歩きの見所は2つ!

線路上には写真を撮りたくなるような風景や、ちょっと立ち寄りたい場所が色々ありますが、ポイントは2箇所です。

みどころ1 ロンビエン橋とロンビエン駅

1つ目の見所は、「ロンビエン橋とロンビエン駅」です。

ロンビエン橋はフランス植民地時代に作られたとても大きな橋で、1902年に作られた橋です。つまり100年以上の歴史が!しかし、まだまだ現役。

こんな感じで、列車が走っていきます。

車は残念ながら通行不可。バイクや徒歩はOKです。

夕暮れ時のロンビエン橋・・・いい雰囲気です。ベトナム人カップル多数目撃。

そして、ロンビエン橋と一緒にチェックしたいのがロンビエン駅。

ハノイ駅は大きな駅すぎて、気軽に入れないのですが・・・

ロンビエン駅なら、列車に乗らなくても中に入ってOKです。

こんな写真も撮れちゃいます。

みどころ2 線路沿いの生活エリア

ロンビエン橋は旧市街の北側にありますが、もう一つの見所は南側エリア。ハノイ駅の近くです。このあたりは、線路が生活の道路でもあります。

洗濯する人がいたり、料理を作る人がいたり、線路で遊ぶ子供たちがいたり・・・

ローカルご飯のお店に、お隣はカフェなんかも。

ベトナムは今、どんどん発展していて、段々と東南アジアらしい風景がなくなりつつありますが、線路を歩けばガッツリ東南アジアの空気を味わうことができます。

ディープ度合い120%です!

みどころ1と2の間は歩く必要なし

みどころ1と2の間は、とくにお店などありません。また雑草が伸び放題で、非常に歩きにくいです。その区間は道路に降りて移動するのがおすすめです。

迫力満点!列車の通過を楽しもう

線路歩きで最大の見所はやはり列車の通過。

目の前、本当に本当に目の前を、ガタンゴトンと列車らしい音を立て、通り過ぎていきますよ。

めっちゃ近いです。

通過する時刻はこんな感じ。

これは地図上の「みどころ2」のあたりの通過時刻です。

月曜ー金曜:6時、19時

土曜・日曜:9時15分、11時35分、15時20分、17時45分、18時40分、19時10分

※最新情報は国鉄のHPで検索してください。英語でも検索可能です。

カフェやゲストハウスも増殖中

線路歩きが楽しいのは、単にローカルな風景が楽しめるだけではありません。小洒落たカフェや、ベトナムの文化を体験できるスポットまであるのです。

200円ぽっきりで「ベトナムの版画」を体験

線路上には、なんと文化体験的なお店が。

このお店で私は「版画」を体験しました。版画と言っても、印刷するところから。版を掘る作業まではいたしません。

まず、薄く印刷し、その線を目安に筆で着色。着色が完了したら、その上にもう1度、しっかりと印刷するという流れ。

ざわわ作の鶏さん。

日本語に興味があるトゥイさんが手伝ってくれました。トゥイさんは学生さんなので土日担当とのこと。

英語の方がお上手ですが、日本人と話したい!と言ってましたよ。

生姜ジュースが美味しいカフェ

線路上にカフェがいくつかあるのですが、とっても印象的だったのがこちらの生姜ジュース。

たっぷり生絞りでめちゃめちゃ美味しかった!!!!のであります。

レールウェイハノイというお店で、ワークショップのお店と向かい合ってます。

まさかのゲストハウスも

線路を歩いていると、「HOME STAY」の文字を発見!ついにハノイの線路、ゲストハウスができちゃいました。

こちら、個室。

お部屋は2回にあり、バルコニーに出ると目の前に線路が!完全プライベートで列車を見ることができるではありませんか。そして、お値段は驚きの30万ドン(約1500円)と格安。

この景色がついて、1500円は安いと思いますよ。

ちなみに3階のドミは10万ドン(約500円)。

1階はカフェになっています。

まだまだあります・・・

ほかにもベトナムの伝統的な紙を売っているお店や・・・

お洋服やさんなどなど・・・

これから、お店が増えて行く可能性もありますよね。

ロンビエン橋が見下ろせるカフェもおすすめ

線路上ではないのですが、ロンビエン橋を見下ろせるこちらのカフェ「SEREIN cafe & Lounge」も おすすめです。ロンビエン駅に入っていく坂の近くにあります。

すでにブロガーさんたちが、けっこう紹介してくれているのですが・・・

ベトナムコーヒー(ブラック)が6万ドン(約300円)。・・・高い。かなり高いですよ、この値段は。普通、ベトナムコーヒーは2万~3万くらいなのに。

と、私は入るのをためらっていました。

でも、今回、この記事を書くにあたって思い切って入ってみることに。

1階の入口はあまりカフェっぽくないのですが、3階から上がカフェとのこと。

そして、目指すは屋上席・・・

すると・・・

景色、めっちゃいいではありませんか!

これは日本からお友達が来たら、ぜひご案内したい場所でした。

ジュースは8万ドン(約400円)とお高めだけど、なんだかカクテルみたいで、素敵でした。名前も「サンセット」。この景色と、このおしゃれドリンクなら、納得の8万ドンです。

値段の高さにビビって入るのをためらっていましたが、ぜひ、もう1度行ってみたいカフェです。

ハノイ線路歩きまとめ

ハノイ旅行というと、ハロン湾を思い浮かべる人が多いと思います。でも、ハノイの街中もみどころ満載です。そして、ハノイの線路は「観光スポット」と言って過言じゃないと思います。

ハノイの線路は・・・

  1. 列車通過を間近に見ることができる
  2. 線路にクラス人々の姿を見ることができる
  3. ロンビエン橋という歴史的建造物あり
  4. カフェやお店も増殖中

なのですから!

ハノイ旅行を計画中の人は、線路歩きを予定に入れてみてください。

そして・・・

一人が心配という人は・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. AKISSH より:

    昨年12月のオープン直後に、初めてのハノイ旅行で、こちらの地図をプリントして歩き回ったのが非常によかったので、直接お礼しに行った者です。(覚えてます?)
    今回のハノイ線路マップ、いいですね~
    もちろん、昨年もロンビエン橋や Dien Bien Phu の踏み切りから歩いたのですが、
    橋からハノイ駅まで歩くということは思いつかなかった。
    その時、この地図があれば‥‥‥
    丁度、昨日、ロンビエン橋で撮った動画を、自分のブログにアップしたばかりで、
    また、ハノイに行きたくなりました。

    • mapshanoi より:

      コメントありがとうございます。
      動画、見てみました。音楽がついて、実際よりもお洒落な雰囲気になりますね。
      新作地図を作っていくと思うので、また、ハノイに来てください♪

  2. 匿名 より:

    昨日カフェ「SEREIN cafe & Lounge」行くつもりだったけど気づかずに前通り過ぎてしまいました
    画像見てもっと橋の延長上の西側だと勝手な先入観で当たりつけてウロウロして失敗しました
    線路沿いの時刻表、非常に参考になってギリギリ朝一番に間に合いました