ベトナム・ハノイの納豆事情

ハノイで納豆が買えるのか?

こんにちは。ハノイ暮らしも5年目のざわわです。

まずは見出しの通り「ハノイで納豆が買えるのか?」ということについて。はい、ズバリ買えます。いろいろな店で売っているので、買う場所に困ることはないでしょう。

どこで売っているのかって?

基本は、日本食材の店か日系スーパーです。

代表的な納豆購入場所
イオンモール…誰もが知っている日系大型スーパー。私は買ったことがありませんが、おかめ納豆が売っているようです。

スーパー富分(とみぶん)…日本人街キンマー通りにある人気の日系スーパー。海外の日本食材店というよりは、まさに日本のスーパー。日本でもよく3パックで売っているようなタイプが、だいたい8万ドン(400円)前後。数種類置いていて、おかめ納豆もあると思います。


アクルヒスーパー…こちらはスーパーと言うよりいわゆる海外の日本食材の店。もちろん、納豆もあり。実際に値段チェックしてないのですが、ネット情報によると4パック11万ドン(約550円)。

業務スーパー…なんとハノイに日本の業務スーパーがあるのです。正確には、「KeinShoku 業務スーパー」と言い、ベトナムの貿易会社と日本の業務スーパーが提携してやっています。もちろん納豆有り!

さらにハノイの納豆について調べていると、「しゅん」というネット注文できる宅配サービスを見つけました。ここでも納豆を扱っているようです。ハイフォンやハイズオンにも届けてくれるみたいですね。それは素晴らしい。

私は業務スーパー派!その理由は?

ハノイでは、納豆は色々なところで売っているので、入手できなくて困るということはないのですが。

じゃあ、実際、私ざわわはどこで買ってるの?

私の納豆購入場所は、KeinShoku 業務スーパーです。

どうしてかって?

理由はただ1つ。安いから。

衝撃の3パック、2万5千ドン(約125円)!

他のスーパーの値段と比べるとかなりお得。

というのも、もともとこの納豆、日本でも格安っぽいんですよね。私は知らなかったのですが、調べてみると39円で売っているみたい。ベトナムで百円ちょっとで売れるのが納得。

となると、安いから品質が心配?

いえいえ、全然問題ないですよ。一般的な納豆です。粘り気少な目でさっぱりしている食べやすい納豆という感じ。納豆の味にものすごいこだわりがないのであれば、これで十分!

業務スーパーのウェブサイトはこちら↓↓

ちょいイイ感じの納豆を見つけた

安い、安いと言って、喜んで業務スーパーの納豆を食べていたのですが、ハノイの納豆について調べていると、ちょっと美味しそうな「小粒納豆」という納豆を発見。「U」という方が名前なのかな?

どうやらハノイの日本食関連のお店、何店舗かで買える模様。

私は、「ハノイ商店」という、ちょっと小洒落た日本食材の店で購入しました。1瓶、6万5千ドン(約325円)。150g入り。

見た目も美味しそうでしょ?

そして、食べてみると、納豆らしい納豆でした。ねばりけあり、納豆独特のにおいもけっこうあり。

業務スーパーの納豆より、納豆らしさがありますね。いかにも納豆!という納豆が食べたい人に向いていると思いました。

業務スーパー(2万5千ドン)をベースにし、時々、この納豆(6万5千ドン)にも浮気する、というのがいいかもしれない、と思っています。

ハノイで和食生活

海外で日本食、っていうととっても高いイメージがありますが、今やハノイは、納豆が3パック125円の時代に突入。

そりゃあ、日本よりはちょっとばかし割高ですが、目玉が飛び出るような金額ではないはず。カレーのルウやお味噌も、日本よりは少し高いですが、かなりお手頃価格で手に入ります。

ハノイでの日本食の自炊は意外と簡単です。

私は、納豆や味噌がなくても案外平気なのですが、常備しちゃうとやっぱり止まりません。毎日、味噌汁を飲んでしまうし、納豆を食べるのが小さな楽しみになっています。ベトナム好きでも私は日本人なのよね。

余談ですが、日本にいるときは、日本食のことを和食と呼ぶ気がするけれど、ベトナムに住み始めるとなぜか、「日本食」って呼んでしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする